三重県伊勢市を本拠地として活動するアマチュアオーケストラです。


記事のアーカイブ

2020年05月17日 14:00

第39回 定期演奏会のお知らせ

2020年5月、下記の通り、当団の第39回 定期演奏会を開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご来聴ください。伊勢管弦楽団  第39回 定期演奏会曲目: セルゲイ・ラフマニノフ作曲  交響曲第2番 ホ短調 作品27 フランシス・プーランク作曲  2台のピアノのための協奏曲 ニ短調 作品61  ピアノ: 井上 ヒロミ、中山 侑紀指揮:大谷...

—————

2020年01月26日 13:30

植村 茂先生追悼・記念コンサート ~ 音楽を愛するすべての人のために ~

会場:シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市観光文化会館)(地図)日時:令和 2年1月26日(日)開場:13時00分開演:13時30分

—————

2019年12月15日 14:00

第9回 松阪の第九

松阪第九実行委員会・松阪市 主催の「松阪の第九」コンサートのご案内です。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。会場:クラギ文化ホール (地図)日時:令和元年12月15日(日曜)開場:13時30分開演:14時00分第1部 グリーグ作曲 ピアノ協奏曲 イ短調 作品16ピアノ:工藤 麻美、長島 恭子オーケストラ:伊勢管弦楽団第2部 ベートーヴェン作曲 交響曲第九番 ニ短調 作品125合唱団:松阪第九合唱団オーケストラ:伊勢管弦楽団指揮:大谷 正人ソリスト:ソプラノ  山村 留美、アルト 中西 美友紀、テノール 一海 靖晃、バリトン 小林 昭裕

—————

2019年03月16日 22:20

指揮者の部屋に「マーラーの交響曲第6番の楽曲分析」を追加しました!

指揮者の部屋に「マーラーの交響曲第6番の楽曲分析」を追加しました。ぜひ御覧ください。

—————

2019年03月16日 22:08

マーラーの交響曲第6番の楽曲分析

譜例はこちらからダウンロードしてご覧ください。はじめにマーラーの交響曲第6番は、ベートーヴェンが完成させた交響曲の古典的形式の中に、19世紀末の大管弦楽によってロマン的情感をこめられて作曲されました。その楽曲構造に少しでも迫りたいと思います。なお、今回の原稿によって、指揮者の部屋の原稿は50稿を超えました。この企画を発案し、ホームページで掲載を設けてくださっている北岡さん、いつも読んでくださっている皆様に心より御礼申し上げます。Ⅰ 動機による全曲の統一性と全曲のバランスについて マーラーの交響曲第6番で際立った特徴は、一つの動機によって、全曲をまとめようとする試みである。すなわち譜例1にあるよ

—————

2019年02月23日 09:12

指揮者の部屋に「マーラーの交響曲第6番 ー成立の背景ー」を追加しました!

指揮者の部屋に「マーラーの交響曲第6番 ー成立の背景ー」を追加しました。ぜひ御覧ください。 

—————

2019年02月23日 09:07

マーラーの交響曲第6番 ー 成立の背景 ー

はじめにマーラーの交響曲第6番は、マーラーのすべての交響曲の中で悲劇的に曲を終える唯一の作品である。同時に、マーラー研究者の先駆的な存在であるアドルノは第6交響曲の第4楽章を「マーラーの全作品の中心」と呼び、マーラーに関して早期に伝記を書いたパウル・ベッカーは、これを「(第8交響曲のフィナーレに次いで)マーラーが書いた最も偉大な音楽である」としていた。随分以前の記憶で不確かだが、諸井誠氏は、「マーラーの11曲の交響曲は、楽章構成の点からも、また内容的にも二段階的な発展がある。第6番はその中心に位置する傑作である」と指摘されていたように記憶している。すなわち、下記の図に示したように、ともに最初に

—————

2018年12月22日 13:11

第38回 定期演奏会(2019年5月4日)

2019年5月4日に三重県文化センター 大ホールにて開催予定の当団の第37回定期演奏会の情報を追加しました。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。詳細はこちらからご覧ください。 

—————

2018年05月21日 20:47

松阪音楽文化協会 創立35周年記念事業 PART.4 マラソンコンサート(2018年6月24日)

2018年6月24日に松阪市 クラギ文化ホールにて開催予定の当団の演奏会情報を追加しました。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。詳細はこちらからご覧ください。 

—————

2018年04月08日 22:09

指揮者の部屋に「バルトーク ヴァイオリン協奏曲第二番」を追加しました!

指揮者の部屋に「バルトーク ヴァイオリン協奏曲第二番」を追加しました。ぜひ御覧ください。

—————